Hacienda

4月 7th, 2010 About

About: Hacienda


DJというのは、ダンスミュージックが内包しているプリミティヴなグルーヴを引き出せなくてはダメだ。それは、雑誌で紹介された最新のトラックをただ垂れ流していたってダメだし、「古き良き」幻想に取り憑かれ、小さな新しい変化を無視してしまってもダメだ。矮小な「ジャンル」という枠にとらわれ、排他的な感情さえ芽生えてしまっているシーンなんて話にならない。現在、大都市・地方都市を問わず、「ハウス〜テクノ」を冠したパーティやDJは数多く存在する。しかし、そのうちの幾つのパーティが、そして何人のDJがその荒々しくも魅惑的なグルーヴを引き出せているだろう・・・

「Hacienda」は、そんなプリミティヴなグルーヴでフロアを満たすために静岡市内のクラブで始まったパーティだ。重傷のダンスミュージック・ジャンキーから、お気軽に飛び込んで来た週末の酔っぱらいまで、全ての人にクラブで遊ぶ楽しさを伝えたい。力強いグルーヴに激しく身をよじらせるも良し、弾ける音の粒に陶酔するも良し、朝まで浴びるほど酒を呑むも良し、女の子をナンパしまくってフラれまくるも良し・・・みんなが自分勝手に楽しめば良い。

「フロアの一体感」なんて使い古されたガキ臭い共同幻想にはそろそろ飽きて来たところだ。クラウド達はもっと「自分勝手で自由な遊び」を楽しめば良い。DJ達はそんな「遊び」をもっと魅力的に、幻想的に、熱く、そして時にはクールに演出するために古今東西様々なトラックを繋いでいく。20年ほど前、ある英国のアーティストは観客に向かってこう叫んだ。『90年代の主役はオーデイエンスだ!』と。それが世に言う「セカンド・サマー・オブ・ラヴ」の幕開けだった。しかし21世紀になってもダンスフロアの喜びは変わりはしない。ここ静岡の「Hacienda」でも主役はクラウド達なのだ。

私たち「Hacienda」のメンバーはフロアにもう一度そんな自由を取り戻すために、今夜もターンテーブルの前に立つ。

 

Resident DJs

 

Ishikawa

1995年頃よりDJ・トラックメーカーとしての活動を開始。20年を越すキャリアから創出されるそのプレイの特徴は、スキルとエモーション、オーセンティックとレフトフィールド、ハードエッジとレイドバック等々、相反するものに対する絶妙なバランス感覚。抽象性の高いアンダーグラウンドなテクノ/ハウスを中心に、エクスペリメンタルなエレクトロニックミュージックから、オーセンティックなNY/シカゴハウスまで垣根なくプレイする。2017年11月にはキャリア初のMixCD「AGAINST THE DAY」をリリース予定。

 

Uuu

2004年より活動開始。静岡県在住。 芯の太いハウス、テクノ、ニューディスコを中心としたトラック群にファンキーな遊び心を泳がせつつ、しっとりと色気を添える堂々としたプレイを展開。 〇〇年からDJ ISHIKAWA率いる”Hacienda”(静岡ラジシャン)にレジデントとして参加するほか、2014年12月からは自らオーガナイズするパーティ”Plancha”を不定期に開催している。

 

Guri

ここ数年の静岡クラブシーンで、めきめき頭角を現してきた才色兼備のフィメールDJ。ハウス〜ディスコダブを軸にしつつも、既成のカテゴライズにこだわらない自由な発想と独特のサイケデリック感を加味した選曲が持ち味。また2015年より静岡の魔窟Rajishanの看板アンダーグラウンドパーティ『Hacienda 』でレジデントを任され、耳の肥えたお客達に揉まれながら毎夜格闘中!!

 

 

Comments are closed.